マイアミ補習校 Q & A

Q1:マイアミ補習校はどんな学校ですか。

A:本校は、マイアミ近郊で暮らし、普通日は現地校に通う日本の子どもたちのために、日本国政府や現地の日系企業などから多額の援助を受け、本校保護者の代表によるマイアミ補習校運営委員会によって運営されている土曜日開校の補習授業校です。日本の義務教育の学校ではありません。本校は、子どもたちがいつ日本の学校へ戻ることになっても困らないように、日本人教師が日本と同じ教科書を使い、国語と算数/数学の授業を行っています。授業のスタイルも日本式です。そして、日本の学校の代表的な行事である運動会や学芸会なども行っており、日本の学校や文化を体験する場所でもあります。本校には、日本国政府から派遣された校長が1名と現地採用の日本人教職員が十数名います。幼稚部(5歳児のみ)・小学部・中学部があります。

 

Q2:週1回の授業で、教科書の全てが教えられるのですか。

A:補習校の授業日は年間42日です。小学部の国語・算数の授業数は、日本の学校に比べおよそ半分しかありません。でも、1年間で教科書の全てを終われるようにしています。だから、進み方はとても速いです。家庭で復習や宿題をしっかりやらないと授業内容が分らなくなってしまいます。そのため、保護者の協力が必要です。
「家庭は第2の教室、親は第2の担任」です。

マイアミ補習校と日本の学校との授業時数の比較

    小1 小2 小3 小4 小5 小6 中1 中2 中3
国語 補習校 126 126 126 126 126 126 126 126 126
  日本の学校 272 280 235 235 180 175 140 105 105
算数/数学 補習校 84 84 84 84 84 84 126 126 126
  日本の学校 136 175 175 175 175 175 140 105 140

日本の学校(新教育課程の移行措置にて21.22年度実施)

 

Q3:いつ入学できますか。前の学校の在学証明書などの書類は必要ですか。

A:4月の新学期募集に加えて、随時入学を受け付けていますので補習校に連絡してください。入学にあたっては、補習校の授業に付いていけるかどうか、事前に校長や学級担任による日本語能力の検査を受けることになっています。前の学校の在学証明書などの書類は必要ありません。

 

Q4:教科書はどうすればいいですか。

A:日本から来られる方は「海外子女教育振興財団」から受け取ることになりますので、そちらに問い合わせください。すでに渡米されている方は「在マイアミ日本国総領事館」か本校に問い合わせください。詳しくは、海外子女教育振興財団のホームページをご覧ください。

 

Q5:運営費はどうなっていますか。

A:授業料だけでなく日本国政府と現地の日系企業や個人などから多額の補助金をいただいて補習校を運営しています。 補習校は、現地校の校舎を借用しています。その借用料は、年間相当な金額になります。その借用料や教員給与、教材備品費等のすべてを授業料で賄おうとすると、授業料は、大変な高額となってしまい、これでは子どもたちに日本の教育を受けさせることはできないからです。

 

Q6:補習校の運営はどのように行われていますか。

A:すべての保護者の中から、8名が代表として運営委員になっています。それに校長が加わり合計9名で運営委員会を行い、補習校の様々な問題について話し合い、問題の解決にあたっています。原則として、運営委員の任期は1年です。運営委員の中に4名の会長がいて、施設や労務、行事、渉外等を担当しています。また、行事や文集、教材等を担当する2名の副会長と総務(書記)と会計の2名がいます。校長は、教育内容や教員研修について担当し、学校運営や毎週の授業が円滑にいくように様々な連絡調整や指導援助を行っています。

 

Q7:補習校で保護者の役割は何かありますか。

A:あります。学級担任を様々な面で補助する役割を担う、クラスペアレントが設けられています(1年交代)。また、休み時間などに子どもたちの安全を守ったり、授業の始業終業の鐘を鳴らす日直当番があります。また、図書の貸し出しや保護者と先生相互の親睦を図るなど、補習校を様々な面で補助するPTA組織もあります。補習校は、保護者一人一人の協力と支援のもとに成り立っています。これらの点も、日本の学校とは少し違うところです。

 

Q8:学期や長期休業はどうなっていますか。

A:日本と同じように、4月から始まり3月に終了します。学期は2学期制で4月から10月第1週までは前期、10月第2週から3月末までが後期です。夏休み、冬休み、春休みがあります。

 

Q9:登下校や安全対策はどうなっていますか。

A:本校にはスクールバスはありません。各家庭が責任を持って、午前8時45分までに全校朝礼を行う2階の部屋まで子どもを連れて来ることになっています。下校は、幼稚部、小1~中1、中2~中3によって異なります。帰りの会が終了したら、1階の学級(幼稚部と小1)は、保護者に教室まで迎えに来てもらっています。また、2階の学級は、帰りの会が終了したら、父母朝礼の部屋へ子どもが行くので、保護者の皆さんには父母朝礼の部屋で待機してもらっています。放課後は、保護者が責任を持って監督することになっています。保護者は全員がIDカードを付けます。また、父母朝礼が終わると、1・2階の廊下北側扉は施錠します。年1回避難訓練を行います。

 

Q10:給食はありますか。

A:ありません。必ずお弁当を持たせてください。栄養のバランスを考えたお弁当をお願いします。飲み物はお茶か水をお願いします。ジュース類は禁止しています。

 

Q11:持って来てはいけないものはありますか。

A:授業に不必要な物(菓子やゲーム機など)、高価な物などは持って来ないように指導しています。これらは、貸したり借りたり、なくなったりと余計なトラブルが起こる原因ともなります。また、こういう物を持って行くという気持ちが、補習校へ行って勉強しようという気持ちの妨げともなります。家庭でも、持って行かないようしっかりと指導をお願いします。

 

Q12:通知表はあるのですか。

A:あります。国語と算数/数学の評価、そして生活の様子についてお知らせします。教科については、観点別 に評価をしています。これは、他者との比較で評価するのではなく、本人に学習の内容がどの程度定着しているのか、授業中の意欲や理解度はどうなのか等について、励ますために行っています。前期・後期の2回、学期末に渡しています。

 

Q13:家庭で、どの程度学習の支援をしてやればいいのですか。

A:補習校の授業は週に一度だけです。教室学習と家庭学習とが五分五分の重要さを持っています。復習の励行・家庭学習の習慣化・宿題や提出物の期限厳守は、補習校の一員としての務めです。基本的には、ワークブック類による復習・反復課題については、小学部では保護者が採点・添削し、担任はそれを点検していきます。すべての教科の基礎となる国語力を伸ばすことは何より大切なことです。家庭内においては必ず日本語を使って会話をすることが求められます。幼稚部や小学部低学年であれば親による本の読み聞かせが大切です。中学年からは、音読や読書が大切です。学年ごとに学習する漢字は、確実に身につけることが大切です。そのためには、書く練習をすることです。視写や日記をつけるのもよい手段です。現地校での英語の勉強と補習校での日本語の勉強の2つを同時に行っているわけですから、大変な努力をしているわが子を温かい目で見届け励ましていくことが大切です。