22年度 マイアミ補習校   合言葉「元気に登校 笑顔で下校」   2010.10.9
   補習校だより    No.22    (通算64号)  (文責 大抜)
Home page : miamihoshuko.org   E-mail : hoshuko@bellsouth.net   Tel/Fax : 305-225-6390
 
勉強に運動に充実した後期にしよう!
 


(6年生の教室風景)
 先週は、前期の通知表が手渡されました。お子様の評価をご覧になられていかがでしたか。前期での伸びた所を確認し、後期の向けてどんな所を伸ばしていけばよいか、話が進んだことと思います。
 さて、本日より、後期がスタートします。後期に入り、小学部では下巻の教科書に進みます。後期21日にて、学年に応じて学習の基礎基本を更に深め、学力を定着化させていきます。 本校では、本年度の教育重点目標として「国語力の育成」を掲げていますが、国語力=日本語力です。6月19日号で「21年度CRT標準学力検査の報告」をさせていただいたように「(検査結果から)学力の基礎である国語には、読みや言語の能力に課題があります。検査結果が国語より高い算数・数学でも日本語力の理解を伴う問題に課題が残っています」としました。私も前期に小1~中1まで各学年の国語の授業を1時間ずつ担当し、「読む力」と「書く力」がどれ程ついているか確認しながら授業を進めました。「読む力」「書く力」をつけるには、①しっかりと教科書や図書が読めるよう日頃から練習しておく(音読の継続や読書)②日記や作文を続けることで書く力を蓄える③文体や文字を視写することで文字を自然に覚える(視写の継続)④漢字の繰り返し練習 等が大切です。現地校と補習校の両立にて、日々生活に大きな負担を背負っている子ども達ですが、後期も毎日少しでも補習校の学習を続けること、予習と特に復習の時間をとること、読書を続けることを学校も第二の教室であるご家庭も力を合わせて指導したいことです。後期は、間近かに迫った運動会、1月の餅つき大会、2月の学芸会と多忙な期間となりますが、補習校ならではの体験が出来る行事も満載です。後期に子ども達が更に一回り大きく成長することを楽しみにしたいと思います。


(中3生徒による力強い模範演技)
 さて、朝の全校集会では、運動会の練習が始まっています。先々週は、中2生徒によるラジオ体操の演技が、先週は中3生徒による「よさこいソーラン」の演技が全校生徒の前で披露されました。そして、この日は、今年から合同で応援合戦をすることになった中1と小6の子ども達が全員、お昼休みに集合し、中3の先輩から応援合戦の模範演技を見せてもらいました。応援の掛け声や三・三・七拍子 の熱のこもった演技に中1・小6生たちは、大いに刺激を受けたのでしょう。その後の中1・小6生たちの意気込みが大いに見られました。今後、中1・小6の子ども達が紅白分かれ、応援合戦の練習を重ねていきます。ここでも活躍が楽しみです。