22年度 マイアミ補習校   合言葉「元気に登校 笑顔で下校」   2010.9.25
   補習校だより    No.20    (通算62号)  (文責 大抜)
Home page : miamihoshuko.org   E-mail : hoshuko@bellsouth.net   Tel/Fax : 305-225-6390
 
楽しさいっぱい!古本市と夏休み新聞大会
 


(古本市の買い物風景)
 臨時休校から2週間ぶりに登校した子ども達。先週は、朝の読書日で図書室に急いで本を借りに行く子もいましたが、各教室では静かに読書をしていました。幼稚部の読み聞かせでは、お父さんが初登場。園児たちはきっと目を輝かせて聞いていたことでしょう。授業終了の鐘が鳴ると一斉に急ぎ足で中庭に遊びに行き、友だちと楽しく遊んでいました。
 この日の子どもの楽しみは2つでした。廊下の壁に張り出された学年ごとの夏休み新聞を見ることと古本市での本のお買い 物です。子ども達が夏休み新聞を見ながら、笑いながら何やら話し合っています。夏休み新聞から友だちのどんな発見を話題にし、友達のがんばりやよさを見つけたのでしょうか。又、古本市の会場では、昨年以上にたくさんの寄付があった子ども向けの書籍が長机一杯に並んでいて子ども達は何冊も本を手にしながら見ています。低学年の子も自分で1冊25セントの本を抱きかかえながらお金を支払っている買い物風景は、ほほえましいものでした。
前期終了は来週10月2日です


(夏休み新聞を見る生徒たち)
 さて、いよいよ来週(10月2日)をもって前期の課程が終了します。(本校は、二学期制にて前期と後期に分けています)4月から20日(臨時休校を除く)の授業日にて学習の状況や生活の様子をまとめて通知表でお知らせします。通知表は、教科(国語、算数・数学)並びに学校生活にそれぞれの評価の観点目標を立て、その目標にどこまで到達したかで評価(絶対評価と言います)しています。学校ではよりよい評価を目指し今年も通知表を改善しています。改善点は、
①算数の評価項目の改善(小学部)
本校も日本の小・中学校と同じく、学習指導要領の4つの観点(関心・意欲、数学的な考え方、表現・処理、知識・理解)に依拠しつつ、独自に観点項目を整理し先生も評価しやすく、保護者も何が算数で評価されているかわかりやすい評価項目に整理しなおしてみました。
②所見・通信欄の枠組み改定(保護者欄2箇所を1箇所に)
従来の前期保護者欄と後期保護者欄を1つにまとめました。通知表の前期返却時に記入して提出していただきます。
③幼稚部に初めて「生活のようす」3領域を新設
学校生活の中で「あいさつ」「きまり」「仲よく」の評価の観点を設けました。(幼稚部は「できる」「がんばろう」の2段階評価)幼・小・中学部の通知表は、10月2日に担任から手渡しです