22年度 マイアミ補習校   合言葉「元気に登校 笑顔で下校」   2010.4.17
   補習校だより    No.2    (通算 44号)  (文責 大抜)
Home page : miamihoshuko.org   E-mail : hoshuko@bellsouth.net   Tel/Fax : 305-225-6390
 
今年も合言葉は「元気に登校 笑顔で下校」です
 


(対面式の入園・入学式)
 新学期が始まりました。先週は、久しぶりに子ども達の明るい元気な声が校舎や中庭から響き、補習校が生き返ったように感じました。
 新しい友達を迎えた入学式では、在校生と対面しながらちょっぴり緊張の中にも名前を呼ばれて元気よく立ち上がった新入生〔幼稚部14名、小学1年生 14名、中学1年生 10名〕は、新学期のスタートにふさわしい、晴れやかで、すがすがしい気分にさせてくれました。私は、新入生の子ども達にこれからの学校生活で大切なことは、「自分のことは自分ですること」とし、自立生活と自立学習の大切さを話し、更に「挨拶がしっかりできる子になろう」と話を続けました。引き続き行われた始業式の中で、これから始まる新しい学校生活に期待をふくらませている子ども達に今年もマイアミ補習校の合言葉「元気に登校、笑顔で下校」を再び呼びかけました。
 この後、担任紹介をした折、子ども達から自然にわきあがる拍手に期待の大きさを感じ、改めてこの合言葉が実現できるよう教職員が一丸となって子ども達に温かい眼差しを注ぎ、心の通う指導を進めなくてはと思いました。「学級開き」を終え、真新しい教科書を開きながら学習がスタートした初日、子ども達はどのような思いを持ったことでしょうか。
 放課後の学年懇談会でもお話が出たと思いますが、子どもの教育効果をあげるためには、家庭と学校が連携を密にし、協力し信頼関係を築いていくことが大変重要です。補習校の学習は家庭での教育と家庭での日本語環境の維持が土台となっていることは、皆様方ご存知の通りです。補習校では、常に「家庭は第二の教室」と呼びかけています。年間42日の授業日で日本の学校と同じ学力をつけるには、日々のご家庭のご協力が不可欠です。新学期にあたり、お子様をマイアミ補習校に通わせる目的を十分考え、お子様と学ぶ意義を話し合い、現地校と補習校の両立に励むことができるよう支援をしていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

来週    定例総会①のお知らせ
日時   4月24日〔土〕  父母朝礼後引き続き
議案  ①運営委員会、PTAの決算・予算案の承認  ②活動計画 ③教育活動〔学校〕
 22年度の運営委員会並びにPTAの定例総会が開かれます。議案は上記の通りです。最初の総会ですので、お忙しい折ですが、ご参加をよろしくお願いします。なお、やむなくご欠席される場合は、委任状のご提出をお願いします。             代表会長 千葉直也