22年度 マイアミ補習校   合言葉「元気に登校 笑顔で下校」   2010.4.10
   補習校だより    No. 1    (通算 43号)  (文責 大抜)
Home page : miamihoshuko.org   E-mail : hoshuko@bellsouth.net   Tel/Fax : 305-225-6390
 
入園・入学・進級 おめでとうございます
 


(今日も元気に登校風景)
 どこまでも抜けるような青空が広がるマイアミらしい気候となった本日、マイアミ補習校に新しい出会いが始まりました。幼稚園児15名、小学新1年生14名、中学新1年生10名の新入生を迎え、全校生徒142名が新たな気持ちで新学期を迎えました。入園・入学・進級 おめでとうございます。お祝い申し上げます。
 新入生は、毎土曜日の学校生活に慣れるまで気力面、体力面ともに大変だと思いますが、早く学校生活に慣れ、楽しく勉強をし、仲良く遊べる友達をたくさん作ってほしいと願っています。
 また、進級した子ども達には学年が進むことでより一層の自覚を持ち、現地校と補習校の学習の両立を目指し、励んでほしいと思います。
 さて、始業式が終わると前期のスタートです。各学級ではどのような「学級開き」が行われているのでしょうか。新しい教室環境の中で、新しい友達を迎え、真新しい教科書やドリルを前にして新しい先生と勉強が始まります。期待に胸膨らませていることでしょう。
 私は、昨年度の子ども達の実態を踏まえて、今年度 下記の重点目標を立てています。

自ら学び、自ら考える力を育てる 〔低学年から基本的な学習習慣の育成を図る。興味を持ち、考えたり、調べたりする学習態度や計画的で持続的な学習態度を育てる)
国語力〔4つの力〕の更なる育成を図る。4つの力とは、「聞く力〔学習態度・聞き取り〕、話す力〔1分間スピーチ、学芸会等を通して〕、読む力〔日本語を正確に読む能力・音読練習〕、書く力(日本語を正確に書く能力や作文力)のことです。「説明文に書かれてある内容を読み取る」「算数・数学での問いを理解する」等、基礎学習の徹底と共に「読み取る力」が今年も大きな課題です。又、作文教育や読書活動の推進も重要な課題です
互いのよさや努力を認め合う心情や態度を育てる (学級集団作りや生徒会活動‘を通して) 「補習校は一つの家族」です。異なる学年の交流も進めていきます。

 私は、子ども達が、一週間に一度の出会いを大切にし、しっかり学び、楽しく生活ができる場としてのマイアミ補習校であってほしいという願いをこめて、今年も合言葉『元気に登校、笑顔で下校』を掲げ、この願いが実現できる学校を目指していきます。
 「今日も補習校に来てよかった」と思える補習校づくりに先生方とご家庭の皆様方が手を取り合って実践できるようにしたいと思います。教職員一同、皆様方のご支援・ご協力を得ながら誠心誠意がんばる所存です。今年度もよろしくお願いします。